FC2ブログ

薩摩新々刀の傑作のご紹介

薩陽臣奥平元武/文化元年子春
刃長:1尺5寸八分(脇差し)
元武は元平の弟で、兄弟で薩摩藩の抱え鍛治になりました。元武はもっぱら兄の向こう鎚や代作を務めていたため自身銘の作品は僅かです。
この脇差しは、金筋、稲妻、砂流しが至るところに入り、地鉄も地景が入ってよく詰み、元武の傑作と言っていい作品です。
 元武1< /a 元武2

元武3 元武4

元武5 元武6
スポンサーサイト

郷土刀の展示を

伊予松山城に行って来ました。天守では愛媛県出身の人間国宝・高橋貞次刀匠の作品が展示されていました。これは郷土刀工を大事にする思いの現れだと思います。秋田県に郷土刀を常設展示している施設があるでしょうか?ありません。秋田にも法城寺正照、秋元正忠・正次親子、大館には佐藤忠秀、現代刀工では柴田果などの名工がいるのですが、刀剣に詳しい学芸員がいないのです。ですから昨今の刀剣ブームに乗ることも出来ないのです。教育行政のこれからの取り組みに期待したいと思います。

松山城−1 松山城−2>松山城ー3

プロフィール

刀剣秋田

Author:刀剣秋田
秋田刀剣研究会にようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク