FC2ブログ

奈良派の鍔の名作をご紹介

IMG_1497.jpg IMG_1498.jpg

IMG_1499.jpg IMG_1500.jpg

IMG_1501.jpg IMG_1502.jpg

江戸時代中期の金工師、奈良利重の作品「月下老松図鍔」です。大きさは縦76.5㍉、横72.6ミリです。
この鍔は赤銅石目地で夜の静寂を表現し、月光に照らし出された大きな松を、高彫りして現しています。幹や枝にからまる蔦の蔓は金色絵で現し、石目地のトーンを変える事で松の下草に降り注ぐ月光の存在を知る事が出来ます。
絵画とは違う金工の美を堪能できる奈良派の特徴が良く現れた鍔です。

スポンサーサイト
プロフィール

刀剣秋田

Author:刀剣秋田
秋田刀剣研究会にようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク