FC2ブログ

赤羽刀展に行ってきました。

2月15日、山形県米沢市の米沢市上杉博物館でやっている「よみがえる赤羽刀〜米沢ゆかりの刀工」展に行ってきました。展示されている刀剣は思いのほか多く47振りでした。その全てが水心子正秀以下の新々刀で、米沢の刀工群と水心子の繋がりや作風が良く分かる展示内容でした。

akabanetou.jpg akabane2.jpg

圧倒的に展示数が多いのは、当然ながら加藤綱俊とその一門で、初代綱俊の甥にあたる石堂運寿是一の力量の高さには感心させられました。また、新々刀の流れを示すコーナーでは、水心子正秀や大慶直胤、源清麿、固山宗次、斎藤清人の作品が展示され見応えがありました。私は源秀寿(清麿)の短刀が好もしいと思いました。やはり清麿は名人だと思います。この他,会場には古い刀剣書、古文書、古記録も展示されています。ただ一つ気になったのは、展示されている刀剣の説明文に1〜2カ所誤りがあった事です。小互の目尖り刃交じりなのに直刃と書いていたり、明らかに互の目丁字交じりなのに濤瀾刃と記されていた点が非常に残念でした。この「よみがえる赤羽刀」展は3月4日まで開催されていますので、どこが間違っているのか探しに行くのも面白いと思います。秋田から米沢までは車で5時間かかりますが・・・。
事務局・佐藤
スポンサーサイト

日刀保学芸員を講師に招き鑑定会を開催

鑑定会の開催日は次の通りです。日時:3月25日午後1時より。 会場:秋田市茨島コミュニティーセンター。 参加費:1,000円。 講師:(財)日本美術刀剣保存協会学芸員・大井岳氏。 支部会員以外の方でも興味のある方はご参加下さい。 尚 当日11時半より理事会を開催しますので、理事の方は必ず出席して下さい。(お弁当あり)

初心者講座を開催

秋田県支部では、今年も「初心者講座」を開催します。超初心者大歓迎ですので、興味のある方は是非ご参加下さい。日時:3月11日(日)午後1時から午後4時まで。途中参加・途中out自由です。会場:秋田市茨島コミュニティーセンター(茨島体育館となり)。参加費は無料です。本物の日本刀を手に取って、鉄と火と水の芸術をじっくり鑑賞して下さい。支部会員が基礎からきちんとお教えしますので、ご参加を御待ちしています。お問い合わせは秋田県支部事務局 電話 018-823-7985 佐藤まで。

プロフィール

刀剣秋田

Author:刀剣秋田
秋田刀剣研究会にようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク