FC2ブログ

菊花形鐔 銘 早乙女家忠

お宝拝見!今回は早乙女家忠の「菊花形鐔」をご紹介します。この鐔は、鉄地に48花弁の菊花を深々と彫り込んだ堂々たるもので、地鉄の鍛錬の良さを伺う事が出来ます。早乙女の作風は形が大きくて厚く、総じて武張った感じのものが多く、この鍔も縦が83ミリ、横が79ミリで、厚さが5ミリとやや厚手に仕上げられています。

saotome1.jpg saotome2.jpg
saotome3.jpg saotome4.jpg

早乙女家は、甲冑師の名家「明珍家」から分かれて常陸に居を構えました。家忠の銘は安土桃山時代までさかのぼる事が出来ますが、この家忠は江戸時代初期の作と見られています。江戸時代初期と言えば,戦もなくなり甲冑の需要が激減した時期で、鉄砲鍛冶から刀鍛冶へ転業した繁慶や、少し時代は下がりますが甲冑師から刀鍛冶に転じた虎徹など、他業からの転業が盛んになりなじめた時期にあたります。家忠もそういう時代の流れの中に身を置いていたのでしょう。それにしても甲冑師の余技とは思えない完成度の高さで、見る者に凛とした身の引き締まるものを感じさせてくれます。この「菊花形鐔」は「刀装小道具講座(佐藤寒山監修・若山泡沫著)」の所載となっております。

saotome1.jpg saotome5.jpg
スポンサーサイト

平田七宝の鐔と小柄

宝尽図七宝鐔 無銘 (平田)
赤銅石目地金線七宝象嵌 縦61ミリ 横54、4ミリ
江戸時代中期の平田七宝の典型的な作品です。平田家の祖、桃山時代の平田道仁は、建築物や刀装具などの装飾に携わっていた飾り職人でしたが、朝鮮の役の時に彼の地に渡り、現地の職人から七宝の技術を学んだと伝えられています。道仁は翡翠を想像させる透明感のある緑の七宝を再現し、平田家各代も技術に改良を重ねて透明感を強くしていっています。この鐔は赤銅を石目地に仕上げ、金線で縁取られた宝尽紋の中に多彩な色の釉薬入れて焼成するという技法で、平田七宝の技術の冴えを存分に示しています。

hiratatuba.jpg hiratatuba-2.jpg
hiratatuba-3.jpg hiratatuba-4.jpg

文散図小柄 無銘 (平田)
赤銅石目地金線七宝象嵌 長さ97、5ミリ 幅14、5ミリ
これも平田七宝の典型的な作品で、七宝の緑・白・黒・橙などの配色と文様の配置、金線の渦巻き模様など全てにおいてバランスがとれ、見る人に幽玄な調和美を感じさせてくれます。

koduka-1.jpg tubakoduka.jpg
プロフィール

刀剣秋田

Author:刀剣秋田
秋田刀剣研究会にようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク