FC2ブログ

秋田刀剣研究会のホームページへようこそ!

IMG_1274_convert_20111020143224.jpg

この会は日本刀の鍛え抜かれた美しさを真に愛する者たちで結成されました。
日本刀と言えば“折れず曲がらずよく切れる”と言われますが、この相反する3つの要素を1本にまとめあげるには大変な苦労がありました。
古の刀工の技と、鉄と火と水の芸術を一緒に鑑賞してみませんか?
スポンサーサイト

郷土刀の展示を

伊予松山城に行って来ました。天守では愛媛県出身の人間国宝・高橋貞次刀匠の作品が展示されていました。これは郷土刀工を大事にする思いの現れだと思います。秋田県に郷土刀を常設展示している施設があるでしょうか?ありません。秋田にも法城寺正照、秋元正忠・正次親子、大館には佐藤忠秀、現代刀工では柴田果などの名工がいるのですが、刀剣に詳しい学芸員がいないのです。ですから昨今の刀剣ブームに乗ることも出来ないのです。教育行政のこれからの取り組みに期待したいと思います。

松山城−1 松山城−2>松山城ー3

11月14日 新作名刀展を観賞

秋田刀剣研究会の有志で鶴岡の致道博物館で開かれている「新作名刀展」に行ってきました。現代作家の力作をしっかり鑑賞させていただきました。その後、羽黒山神社の歴史博物館に行き、在銘の太刀としては日本最古と言われている月山の太刀を観賞しました。地鉄が素晴らしく良い鍛えで、名品でした。

致道博物館 羽黒山神社の博物館



8月26日 研究会を開催/新規会員2名入会

秋田市の茨島コミセンで研究会を開催しました。新しく二人の方が入会しました。
研究刀は、南北朝時代の兼長極めの重要刀剣など6口。突っ込んだ意見交換が出来ました。
IMG_2803.jpg IMG_2804.jpg IMG_2748.jpg IMG_2753.jpg

中鉢美術館で特別展

宮城県大崎市岩出山の中鉢美術館で特別展が開催されます。
タイトルは「古の刀 その源流と会津の士魂」です。
会期は8月4日から12月2日までです。
この特別展では舞草・月山・古備前そして会津の刀などが多数展示され、展示品は全て在銘品です。
途中、展示品の入れ替えがありますが、休館はしません。
お問い合わせは、中鉢美術館☎0229-29-9833まで。
秋田刀剣研究会では、有志を募って、みんなで出掛ける事にしていますので、希望者は都合の良い日を佐藤まで御連絡下さい。
プロフィール

刀剣秋田

Author:刀剣秋田
秋田刀剣研究会にようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク