スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田刀剣研究会のホームページへようこそ!

IMG_1274_convert_20111020143224.jpg

この会は日本刀の鍛え抜かれた美しさを真に愛する者たちで結成されました。
日本刀と言えば“折れず曲がらずよく切れる”と言われますが、この相反する3つの要素を1本にまとめあげるには大変な苦労がありました。
古の刀工の技と、鉄と火と水の芸術を一緒に鑑賞してみませんか?
スポンサーサイト

平成30年1月1日 新年のご挨拶

IMG_1163.jpg IMG_0192.jpg

【新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
      皆様にとって今年も良い年でありますよう心から祈念致しております。】

12月28日 刀で刀を折る実験

「風雲!大歴史実験」という番組で、刀で刀を折る実験をやっていました。実演したのは天然理心流試衛館道場の館長で、使った刀はどちらも現代刀でした。番組では刀の峰をバシッと打つと刃の方から意外に簡単に折れました。理屈では判っていましたが実際に見たのは初めてでした。時代劇で峰打ちでチャンチャンバラバラやっているのは嘘ですね。

IMG_1688.jpg IMG_1689.jpg

手作り押し形集(誌上鑑定をスクラップ)

刀剣美術の誌上鑑定問題と解説文をスクラップして数年、そのスクラップブックが三冊になりました。解説文が適切にポイントを抑えており、何度も読み返せば刀剣の基礎知識がしっかり身に付きます。みなさんも手作り押し形集にチャレンジしてみませんか?

IMG_1669.jpg IMG_1670.jpg

奈良派の鍔の名作をご紹介

IMG_1497.jpg IMG_1498.jpg

IMG_1499.jpg IMG_1500.jpg

IMG_1501.jpg IMG_1502.jpg

江戸時代中期の金工師、奈良利重の作品「月下老松図鍔」です。大きさは縦76.5㍉、横72.6ミリです。
この鍔は赤銅石目地で夜の静寂を表現し、月光に照らし出された大きな松を、高彫りして現しています。幹や枝にからまる蔦の蔓は金色絵で現し、石目地のトーンを変える事で松の下草に降り注ぐ月光の存在を知る事が出来ます。
絵画とは違う金工の美を堪能できる奈良派の特徴が良く現れた鍔です。

プロフィール

刀剣秋田

Author:刀剣秋田
秋田刀剣研究会にようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。